葬儀の際のメイク

葬儀でのメイク女性は注意

葬儀には場をわきまえたメイクを

葬儀に参列する際には、服装のほか、アクセサリーやバッグ、メイクにも気を配ることが重要です。式への参列時には、基本的には喪主の方の格上にならないようなブラックフォーマルを着用し、バッグや靴、ストッキングも、弔いの気持ちを表して基本的に黒で合わせるのが良いと言われています。これと同様に、メイクにも弔いの気持ちを表すのが良いでしょう。葬儀の際には、目立つ色味は使わず、ナチュラルメークをするように心掛けましょう。赤などの派手目な口紅やグロス、ラメ入りのアイシャドー、濃すぎるチークなどは避け、ベージュや薄いピンクといった色味を使い、地味目に仕上げるのがマナーです。

葬儀に参列する際のメイクマナー

葬儀に参列するにあたり、女性のメイクのマナーをしっかり知っておく必要があります。濃すぎたり、逆にお化粧をしないというのは失礼にあたります。顔色が悪く見えないくらの薄化粧がマナーです。まずベースメイクは作りこまずに自然で程よいマット感に仕上げます。素肌に近いベースに、アイシャドウは基本的に付けませんが、つける場合はパールやラメ入りでないものを薄くつける程度にします。口紅はベージュや薄いピンクで、顔色が悪くならない程度につけます。このように葬儀でのお化粧は喪服に合わせて薄めにすることが遺族の方に対して失礼にあたりません。

↑PAGE TOP