葬儀で身に着けるもの

葬儀での身なりについて

葬儀に出席する女性は服装に注意

葬儀や告別式に出席する時は、喪服を着る以外にも服装で気をつけるべきマナーがあります。それは、女性はアクセサリーを着けるなら、真珠などの一連のネックレスと一粒タイプのイヤリングが良いなどの決まりです。葬儀や告別式は故人のご冥福を祈るための場であるため、出席するなら服装についてのマナーを調べておき、失礼の無いように身支度をして出かけるのが大切となります。ちなみに、アクセサリー以外に気をつけるべきポイントとしては、香水は着けないことや、メイクはナチュラルに抑えておくこと、ネイルは透明であってもしない方が良いなどのことが挙げられます。

葬儀のアクセサリーのマナー

女性が弔事の際に身に着けるアクセサリーのマナーを知らないとと失礼にあたります。葬儀には、結婚指輪以外のアクセサリーはつけなくても良いとされますが、その他に足す場合はネックレスにします。そのネックレスは一連にします。それは、不幸が重ならないようにの意味があります。また、涙の象徴とされる真珠を身に付けることが一般的です。珠が大きすぎるものは派手に見えてしまうため小さめの珠で、光沢のないものを選びます。真珠以外ではオニキス、黒曜石、ジェットは使ってもよいとされています。このように葬儀での装いのマナーをしっかりと守り、その場に失礼のないようにすることが大切です。

↑PAGE TOP