葬儀で気を付けること

葬儀で知っておくべきこと

葬儀に参列する際の服装について

葬儀は、故人を送る荘厳な儀式です。そのため、あくまでその場に相応しい服装で臨まなければなりません。男性はブラックスーツやダークスーツが望ましいですが、急遽駆けつける場合などは、とりあえず、ネクタイと靴下を黒にしておきましょう。女性も黒や地味な色の服装を選び、髪はまとめておくことが望ましいです。派手なアクセサリーは避け、匂いの強い香水は控えるようにしましょう。もちろん、携帯の音は切っておくのが常識です。

終活でお葬式を考える

最近の言葉で、終活があります。これは、生きているうちに自分の人生を決めてお葬式までを考えて手配をしておく事をする人たちの行動です。 高齢化社会となった現代では、こうした年配者が増えてきています。自分が元気なうちに生前整理をし、そして家族に迷惑をかけないように葬儀屋にもお墓も手配をしておくという物です。迷惑をかけたくないという気持ち、それはイコール家族を思っての行動でもあります。さらに自分の理想の終焉を迎えたいという気持ちもあるからでしょう。

↑PAGE TOP