葬儀に相応しい服装を

葬儀で気を付けたい服装

葬儀での服装のマナーについて

葬儀に参列するなら、服装もマナーのあるもので、出向かなければなりません。お亡くなりになった方や、遺族に対して失礼のないように心がけたいものです。さて、葬儀に参列するなら、ブラックスーツなどを着て参列します。男性は黒いネクタイを着用します。女性は、ブラックフォーマルで参列します。黒いスーツやワンピースを着ます。足元も黒で統一します。黒い靴に黒いストッキングを着用しましょう。バッグももちろん黒いものを持ちましょう。派手になりすぎない、パールなどのアクセサリーを着けて行くのもいいでしょう。とにかく控えめで失礼のないようにしてください。

葬儀での服装のマナー

葬儀での服装のマナーをしっかり守らないと失礼にあたります。特に女性の場合は、靴やアクセサリーに至るまできちんとそのマナーを知っておく必要があります。洋装の場合は、上着は長袖、スカートの丈は長めにします。ストッキングは黒の模様なしのもの、お化粧は薄くします。髪の毛はすっきりとまとめ髪飾りを付ける場合は艶のないものを選びます。アクセサリーは真珠の一連で、靴は艶のないもの黒のものです。和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーはつけず、バックや草履は布製のものを選びます。半襟、足袋、襦袢以外のものは全て黒で統一します。このように葬儀での服装の決まりをしっかりと守り、故人を送り出します。

葬儀での身嗜みマナー情報

新着情報

↑PAGE TOP